2020moonカレンダー

 

去年作れなかったカレンダー

 

 

今年は作らなきゃ!

 

 

と思い頑張って作りました

 

 

 

 

表紙

 

ひらがな曼荼羅で

 

「れいわ」と「にねん」

 

 

 

 

下部分

 

アルファベット曼荼羅で

 

「euglenaland」と

 

「mooncalendar」

 

 

 

それぞれが書かれています

 

 

 

1月「むつき」

 

右側にメモスペースと

 

月の満ち欠け・祝日表記

 

 

 

ケースの裏側に折る部分があり

 

それを下に折り差し込むと置きタイプ

 

 

 

ケースの裏側の折る部分を

 

上に折りはめ込むと掛けタイプ

 

 

 

 

各月と表紙の13枚set

 

 

 

税込1000円(送料別)

 

webshop にて

 

購入いただけます

 

 

 

来年も

 

どうぞよろしくお願いします

 

 

 

 

0 コメント

渦 完成

広がり続けた

 

曼荼羅「渦」の

 

「余波」が

 

終焉を迎え

 

 

 

曼荼羅「渦」が

 

完成しました

 

 

どんなに複雑に

 

うごめく大きな渦でも

 

 

中心は

 

シンプルで穏やかなもの

 

 

 

いろんな噂が飛び交ってる人でも

 

実際に会ってみると

 

いい人だった

 

 

 

なんてこと

 

よくありますよね

 

 

 

渦の中心と書き

 

渦中 -かちゅう-

 

と読みます

 

 

 

(その話題の)

 

渦中の人

 

とか言いますね

 

 

 

 

一滴の雫から

 

大波が生まれる

 

 

 

たくさんの雫が落ちて

 

たくさんの大波が生まれ

 

たくさんの余波の衝突が起き

 

全てが入り混ざる

 

 

 

波は立つけど

 

時間が経てば

 

混ざって平らになる

 

 

 

 

なんてことを

 

考えながら描いていたら

 

大きな曼荼羅になりました

 

 

 

これは

 

シルク一版では無理ですね

 

製版できるのか

 

。。。?

 

 

 

 

 

10月までの

 

出店予定をscheduleにupしました

 

 

 

 

9月は自身がオーガナイズする

 

イベントがあるので

 

出店予定は入れていません

 

飛び入りで

 

どこかでやるかもです

 

 

 

 

まだまだ残暑が続きます

 

ご自愛して過ごしてください

 

 

 

 

0 コメント

AINU spirit

New Mandala

 

"AINU spirit"

 

 

製版・プリント順調に仕上がりました

 

 

 

 

体力不足と年齢と

 

細かい作業の連続のお陰で

 

体はあちこち不具合の兆しをみせ

 

鍼治療を初めて受けました

 

 

施術後のふわ〜っとした中

 

その鍼灸師さんが

 

履いていたパンツの柄の

 

アイヌ文様が

 

目に飛び込んできた

 

 

 

北海道

 

 

 

まだ行ったことのない

 

いつか行きたい場所の一つ

 

 

 

私の父方の祖父は

 

北海道出身

 

 

 

ルーツを探る第一歩

 

 

 

的な気持ちで

 

アイヌ文様の勉強しました

 

 

 

この文様は

 

アイヌ民族の各家庭で

 

母から娘へ受け継がれ

 

魔除けの意味があると

 

信じられていたようです

 

 

 

実際は

 

刺繍や布を縫い付けて

 

文様を表現しています

 

想いを込めて

 

ひと針ひと針縫えば

 

それは

 

お守りになりますね

 

 

 

それぞれの文様が表すものは

 

過程や地域ごとに違うので

 

明確にはわかりませんが

 

 

植物や風、炎や水の波紋といった

 

自然事象を抽象化したもののようです

 

 

 

一つ一つのパーツが

 

とてもシンプルで

 

自然もシンプルだなー

 

 

自分もシンプルにしたくなり

 

構図もシンプルに

 

 

 

前に誰かがSNSであげてた

 

アイヌ語の歌を思い出したり

 

 

 

色んな想いが湧いてきて

 

下絵から製版のためのデジタル画まで

 

あっという間でした

 

  

 

 

 

 

AINU spirit デジタル原画

 

 

 

 

中心のひし形は

 

眼とされるシクシリキ

 

 

 

それを取り巻く

 

アイウシモレウシリキは

 

神の棘がある渦巻き状の文様

 

 

 

花の咲くアパポピラスケシリキ

 

花の芽のアパポエプイシリキ

 

 

などなどww

 

アイヌ語も面白い

 

 

 

口が回らなくなってくるので

 

興味がある方は

 

いろいろ調べてみてください

 

 

 

 

ダブルプリント蛍光ver

 

 

 

次の出店は8/2-4 音波祭2019です

 

スケジュールから

 

詳細HPに飛べます

 

 

前売りチケットのみで

 

チケットがなければ

 

入り口でダダをこねても

 

入れてくれないそうなので笑

 

予定している方は

 

ぜひチケット購入を忘れずに!

 

 

 

 

 

ひらがな曼荼羅も

 

着々と製版が進んでいます

 

0 コメント

藍錠型染めとNew手ぬぐい

暑い日々
涼しげな表情を見せてくれる
藍の色で
ステンシルができました
上から
New design
「Geometric Leaf」
「Psychedelic Flower」
「八重麻」
「稜線」
となっています
白と紺の色合いが良くて
気に入ってます
インド藍の染料に
天然ゴム成分を配合することで
こうした染めができます
こちらの藍の染料は
染めるものの前処理が必要なことと
通常インクに比べて
色付け作業に時間がかかることから
プリント出店での取扱いは
できません
通常の販売分と
オーダー製作のみとなります
webshop
今回ペイントしたTシャツをUPしました
よろしければのぞいて見てください

 

そしてそして

 

待望の

 

ひらがな曼荼羅の手ぬぐいが

 

できました!

 

 

 

 

Euglena Landのものは

 

基本すべて自宅で

 

この我が手で製作していますが

 

手ぬぐいだけは

 

専門の職人さんに作って頂いてます

 

 

 

片面だけのプリント手ぬぐいは

 

がっかりするので

 

裏面までインクが染みるように

 

刷ってくれて

 

私のような細かいデザインにも

 

対応してくれる

 

手ぬぐいのプロにお願いしています

 

 

 

 

 

先にひらがな曼荼羅のデザインを

 

公開した後に

 

濁点、半濁点、ゐ、ゑ、の

 

四文字を追加したり

 

 

 

 

職人さんにお願いするために

 

データの作り直しをしたり

 

 

 

お願いした職人さんに

 

文字の並びの間違いを指摘していただいたり

 

 

 

 

自分ではない「誰か」に頼むと

 

自分でやるときと

 

物事が進むスピードの違いがあって

 

不思議な感覚

 

 

 

 

 

色も

 

いい感じの濃い緑と紺で

 

和柄っぽい感じになりました

 

 

 

昨日早速

 

届いた手ぬぐいを並べて

 

それを肴に

 

主人と一杯

 

美味しいお酒でした

 

 

 

 

こちらもwebshopから

 

ご購入いただけます

 

 

 

委託販売店様には

 

これから随時

 

納品させていただきます

 

 

 

近くに行った際は

 

ぜひ手にとってご覧ください

 

 

 

 

0 コメント

winter item